ここまで、マイクロソフトがWindowsやOfficeと共に提供しているIME(以下MS-IME)の「IMEパッド - 文字一覧」や「手書き」機能などを使って、漢字を入力する方法を紹介したが、今回は少し趣向を変えて、漢和辞典を用いた漢字入力法をご紹介しよう。

 本コラムをご覧になっている皆さんであれば、最近の漢和辞典には漢字の字形や部首・画数・読み・意味・熟語などに加えて、その漢字の文字コードが記載されていることはご存知だろう。
 部首や読みで目的の漢字を引いて、そこに記されている文字コードをMS-IMEのコード入力機能を用いて入力すれば、目的の漢字を簡単に入力できるはずだが、現実はそんなに甘くない。収録されている漢字の範囲や記載されている文字コードの種類が漢和辞典によって異なっているため、文字コードに関する知識をある程度、持ち合わせていないと、漢字入力のための道具としては役に立たない可能性があるのだ。

「IMEパッド」の限界

 本連載の「読み方の分からない漢字を入力する(5)」で、かな漢字変換で入力できない漢字を検索して入力するにはMS-IMEの「手書き」機能を利用するのが最適の方法であると解説した。

 Windowsに付属している「MS明朝」や「MSゴシック」といった日本語フォントに収録されている漢字であれば、すべて手書き入力できる。問題は逆のケースで、ある漢字がこれらの日本語フォントに収録されているのかどうか、MS-IMEからは知る術がない点だ。

 例えば、「口」偏の右側に「葛」がくる漢字がある。鹿児島と奄美大島との間に連なる「トカラ(吐カ喇)列島」の「カ」を記すのにこの漢字を使う。

 試しに「IMEパッド - 手書き」を呼び出して入力してみた。ちなみに「IMEパッド - 手書き」は、言語バーの「ツール」ボタンをクリックして「IMEパッド」→「手書き」を選択して開く。入力欄に「口」+「葛」を手書きしてみたが、候補の一覧の中に目的の漢字は表示されない(図1)。「手書きで表示されないので、パソコンでは入力できないんだな」とすぐに諦めがつく人は少ないのではないだろうか。多くの人が「書き方が悪いのかな?」と思い、色々と試行錯誤を繰り返すことになるだろう。

【MS-IMEの「手書き」機能でも入力できない】
拡大表示
図1 MS-IMEの「手書き」機能を呼び出し、「口」+「葛」字を手書きしてみたが、目的の漢字は一覧されない

 試しに今度は「IMEパッド - 文字一覧」を使ってみることにした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら