前回からお気に入りのエディターに好きな機能を追加する方法を紹介しています。前回では、使用中のエディターに雛形(ひながた)ファイルの内容を挿入するというプログラムを作りました。今回は、日付やOSの情報など、パソコン環境や日時などで変化する動的なデータを挿入する機能を作ってみようと思います。

プログラム~情報挿入クリップ

 今回のプログラムは、日付・時間、OSの情報、コンピューター名や定型句など、さまざまな情報を使用中のエディターに貼り付けるというものです。

 なお、今回のプログラムは、テキストエディターだけでなく、Excel や Word など、ショートカットキーの[Ctrl + V]でテキストの貼り付けができるプログラムなら、どんなアプリケーションでも利用できます。

【使い方】

 以下のなでしこのプログラムを実行します(なでしこエディターに貼り付けて実行するか、あるいは、なでしこエディターで好きな名前で保存してダブルクリックで実行します)。

 そして、お気に入りのエディターで文章を入力している状態(エディターが最前面にあるアクティブな状態)で、[Ctrl + Shift + L]のキーを押します。すると、選択肢のダイアログが出てくるので、その中から貼り付けたい情報をカーソルキーで選んで、Enterキーを押します。すると、情報がエディターに貼り付けられます。

実行したところ。エディターと連携して使えます

[ではプログラムを見ていこう:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら