不適切な数式を立てると、式の問題点を警告するエラーメッセージがセルに表示される。ところが、それらはすべて英語なので、我々日本人にはピンと来ない、謎めいた表示ばかりだ。

 しかしながら、エラーメッセージにはいくつか種類があり、発生の状況に応じて表示内容も異なる。正しく理解して対処すれば、解決の糸口が見えてくるに違いない。

エラーの意味を考えて数式の誤りを適切に修正

 例えば、「#VALUE!」というエラー表示は、直訳すれば「値!」となる。「値の指定に誤りがある」という警告だ。具体的には、「数値」を指定しなければならない数式に「文字」を指定したときに発生する。文字を対象に足し算の式を立てたり、数値を指定する関数に文字を指定すると表示される。

 これとよく似た原因で起こるのが「#NUM!」エラーだ。「NUM」は「number」の略で「数値」の意味。数式に「不適切な数値」を指定すると発生する。よくある例が「小さいほうから○番目」に相当する数値を取り出すSMALL関数でのエラー。対象の数値が3つしかないのに「小さいほうから4番目」を求めようとした場合などだ。

 わかりやすいのは「#DIV/0!」だろう。「DIV」は「割る」という意味の「divide」の略。日本語で言えば「0で割っています!」というエラーである。数学的には、「0で割る」計算は不可能で、許されないもの。そこでエクセルも計算せずにエラーを表示する。

同じく「#NAME?」もわかりやすい。関数の名前や綴りにミスがあるときに、「そんな名前(name)の関数はない」と教えるものだ。

 このほか押さえておきたいのが「#N/A」というエラー。「無効である(Not Available)」という意味で、関数の引数に「空欄」のセルを指定したときなどに起きる。

 修正が大変なのが「#REF!」。これは、数式が参照していたセルが削除され、参照先が消えたときに起きる。例えば「=A1+B1」という式がある状態でB列を削除してしまうと、この式は「=A1+#REF!」と変化して、セルにエラーが表示される。いったんセルを削除すると、参照していた内容がわからなくなるので、後からの修復が難しい。セルを削除するときは、そのセルを参照している式がないかを十分確認しよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら