みなさん、モバイルしていますか? いよいよ待ちに待ったWindows Mobileスマートフォンがソフトバンクモバイルから発売になりました。東芝製の「X01T」です。「X01T」はとても楽しみな端末でした。なぜ楽しみかというと、東芝はPDA時代に「GENIO」と呼ばれるPocketPCを発売していたからなんです。PDA市場の冷え込みとともに、東芝はPDA市場から撤退してしまいました。その東芝が、Windows Mobileスマートフォンで復活したのです。これは、昔からのモバイルユーザーにとって、大ニュースでした。

 「X01T」は今までリリースされたWindows Mobileスマートフォンと比べても、なかなか魅力的なスペックです。Windows Mobile 6 Professional Edition搭載、Marvell PXA270 520MHzのCPU、3型のWVGA液晶、キーボード内蔵、無線LANとBluetoothを搭載、HSDPA対応、指紋認識を搭載など、現状のWindows Mobileスマートフォンの中でも最高スペックとも言えるものです。

図1 X01TとAdvanced/W-ZERO3[es]は液晶の大きさは同じだが、厚みの差からX01Tは、随分重厚に感じる

 「X01T」を早速お借りして使い始めたのですが、これは“凄い”端末でした。凄いの意味は、「使いこなすのが大変だぞ」という意味です。今まで、日本で発売されているWindows Mobileスマートフォンの中で、一番大変かもしれません。思い起こせば、「GENIO」シリーズでも結構泣かされました。初代GENIO e550と、後期のe830Wを使っていたのですが、どちらもフルリセットでデータが消失したり、液晶面のスタイラスを認識しなかったり、という事件が頻発してしまい、何度か修理に出しましたが、結局、両方の機種とも利用を断念した経緯がありました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら