おまけの小見出しスタイルテクニック

 「A4一枚Wordの王道(1)」の冒頭で紹介した文書も本特集で紹介したテクニックの応用だが、少し凝ったワザも使っている。3行取りの見出し部分だ。これにもスタイルを定義しているが、その際に「書式」ボタンの「罫線と網掛け」で左に罫線を付けた(すぐ上の1行見出しでは上下に罫線)。さらに「段落」で「左のインデント幅」を0.5字にしてやや右に寄せている。「段落前」「段落後」は0.4。ただし見出しの内部では無効になっている。見出しの1~2行目を[Shift]+[Enter]で改行したからだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら