PCや家電といった機器の垣根を越えて相互接続を実現するDLNA。今回は、DLNAガイドライン2006年3月拡張版で追加された仕様が、実際の機器にどのような形で搭載されるのか、その可能性を解説する。機器の機能を示す「Device Class」やそれに追加する機能の「Capability」、それらの組み合わせで実現する「System Usage」(接続形態)は表裏一体だ。

 2006年3月拡張版で追加されたDevice ClassとCapabilityを表1にまとめた。これに沿って説明を進めていこう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら