行送りは「行数」で決まる

 「ページ設定」ダイアログの「文字数と行数」タブを開いてみよう(図17)。新規文書では1ページ当たりの「行数」が36、「行送り」が18ポイントに設定されている。後者がグリッド線の間隔となる。「行数」を変えると自動的に「行送り」が計算し直される。「行数」を増やせば「行送り」は小さくなるが、「行数」には上限値がある。また、余白を変更すると「行数」の上限値は変わる。上下の余白を20mmにしたときの上限値である50行にした結果が図18だ。

図17 グリッド線の間隔は、余白と同じ「ファイル」→「ページ設定」(図7)の「文字数と行数」タブで変更できる。1ページ当たりの「行数」を指定すると、自動的に「行送り」(グリッド線の間隔)が決まる。「行数」には上限値がある(行数を変更した結果は図18へ。フォントの設定を変更した影響は図19へ)

図18 1ページ当たりの「行数」を上限値の50に設定した結果。行送り(グリッド線の間隔)が狭まった

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら