あなたはパソコンの使用方法を身に付けるに当たって、何か特別な勉強をしただろうか。これまでにパソコン学習にかけた費用はいくらぐらいなのか調査してみたところ、平均6万9290円という数字になった。最も多かった回答は「1000円以下」31.5%、次いで「1万1円~5万円」26.5%だったのだが、「100万円以上」が5人も!

 どんなことにお金を使ってきたのかが気になるところなのだが、意外なことにこの5人、授業料の高額なスクールに通ったとか、特別なことはしていないようだ。

 では、パソコンを使い始めた当時、どんな勉強をした人が多いのか。最も回答数が多かったのは「特に勉強はせず、使っているうちに身に付いた」 38.5%、「周囲の人(家族、同僚など)に教わった」34.0%。安上がりな方法が主流らしい。続いて、「パソコン雑誌」33.5%、「パソコン学習書、テキストなど」21.0%。

 その中で最も役立ったと思う学習方法を選んでもらったら、「周囲の人」21.5%には及ばなかったものの、「パソコン雑誌」20.0%というちょっとうれしい結果が出た。

 パソコン学習に関して経験に基づいたアドバイスをお願いしたら、「詳しい人から教わる」と「人に聞く前に自分で調べる」という正反対の意見が多く目に付いた。周囲に自分よりパソコンに詳しい人がいるかどうかにもよるのだろう。ほかには「習うより慣れろ」(36歳)、「毎日触ること」(47歳)、「興味のある分野でパソコンを使うことにより、楽しみながら操作を覚える」(41歳)、「壊れてもいいというくらいの気持ちでいろいろ触ってみる」(34歳)と、力強い言葉がズラリ。中には「『パソコンを学習する』という感覚が信じがたい。『電卓を学習する』『CDプレーヤーの操作を学習する』というのか?」(44歳)という辛口のコメントもあった。電卓のメモリーキーの意味すら理解できない身にとっては、パソコンを使いこなすにはやはり多少の学習が必要のような気がするのだが……。

「質問されることが多い」人が過半数。本文で紹介した「人に聞く前に自分で調べる」とは、もしや周囲にいいたいこと、なのだろうか
出典:日経パソコン 2007年11月12日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。