興味深いニュースがいくつかある。その中で一番重要なのは以下に説明する判決だろう。陪審員は被告ジャミー・トーマスに対し、RIAA(米国レコード工業会)が代表する音楽出版6社に22万ドルの損害賠償金を支払うよう命じる裁定を下した。

 トーマスは、1700曲を超える楽曲の不法な共有を促進したかどで訴えられていた。法廷外で解決すればずっと少ない金額で済んだにもかかわらず、RIAAと戦う道を彼女は選んだのだ。その法廷闘争は、レコード産業がファイル共有を陪審員の前で論じる最初の事件となった(参考)。

 陪審員は短時間で、トーマスが行ったKAZAAによるファイル共有を有罪とする判決を下した。だが、陪審員の少なくとも一人はWebのことをまったく知らず、使ったこともなかった(参考)。

 トーマスは未婚の母親で財産もない。賠償金額は、原告の法的な経費を含めると50万ドルに達し、彼女の生涯年収を超える。これは彼女に深く同情できる点だ。しかしそれは脅迫であり、そう意図したものである。

 O・J・シンプソンをゴールドマンの家族が追及するのと同じくらい無情に、RIAAが彼女を追及すると想像してほしい。友人がトーマスに腕時計を与え、RIAAは彼女からそれを奪う(訳注:ゴールドマンはシンプソンの元妻の友人で、一緒に殺害された。シンプソン被告は、ロレックスの腕時計をゴールドマンの父親に賠償金として与えるよう命じられた)。

[そしてトーマスに上訴を勧めているのは…:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら