CPUの消費電力が話題になるとき、必ず「TDP」という言葉が出てくる。TDPとは、「熱設計電力(Thermal Design Power)」と呼ばれる、CPUが許容できる最大発熱量を表す指標のことで、システムの放熱やきょう体の設計で使われる。

 CPUに供給された電力は、ほとんどが演算処理に使われ熱になる。このため、TDPを「CPUが消費する電力」と考えてもあながち間違いではないのだが、厳密には異なる。TDPの値には業界標準の定義がなく、各社が独自の方法で決めている。今回は、AMDのTDP決定方法と、CPUの温度管理について解説しよう。

 AMDでは、製品のラインアップを決める際、実際に動作するシリコンが出来上がってから、実測でTDPを決定している。具体的には、市販品や一般に公開されているソフトウエアのうち、エンコーダーや数値演算などCPU負荷が高いものを「TDPアプリケーション」としてまず選定する。TDPアプリケーションで発熱量を測定して、およそのTDPを見積もったあと、温度を上げるだけを目的に作られたAMD製ソフト「ThermNow!ユーティリティー」でさらに発熱を検証していく。

 ここで使うTDPアプリケーションは、定期的に見直しており、常に最新の「高温になる」アプリケーションを判定基準として使っている。図1は、過去にAMDがTDP決定時に参考にしていたアプリケーションの例だ。シリコンサンプルで電力を実測してから、製品ラインアップで予定されている最上位モデル(最大周波数)での電力を算出したうえで、さらに十分なマージンを加えて製品シリーズのTDP値を決めている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら