ユーザーが求める理想のパソコンの姿とはどのようなものなのか。ここまでは、実体験に基づくユーザーの満足度を分析することで、この命題に迫ってきた。ただ、ユーザーが「欲しい」「買いたい」と考えるパソコンの実像は、ユーザーがパソコンを選び、購入する過程にも隠れているはず。ここからは、購入にまつわる設問の集計結果を見ていこう。

 今回実施したアンケートには「現在使っているパソコンを購入した理由はどれに該当するか」という設問も用意した。選択肢には「性能/スペックが良かった」「価格が安かった」「サポートが充実している」など17項目があり、複数項目を選択できるようにしている。

 全メーカーの回答を集計したのが下のグラフ。最も比率が高かった項目は「性能/スペックが良かった」で51.3%。2番目は「価格が安かった」で48.8%。半数近いユーザーが性能や価格を気にしているということになる。

各メーカーのユーザーに、現在使用しているパソコンを選んだ理由を聞いた。「性能/スペックが良かった」「価格が安かった」の比率が高く、コストパフォーマンスを重要視していることが分かる。「メーカーが信頼できる」「そのメーカーが好き」の比率も25%以上と高い

[ユーザーは価格の安さだけでは満足しない:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら