これまで、Windowsに付属しているIME(以下、MS-IME)の「IMEパッド」で文字一覧総画数の一覧部首別の一覧などを表示させて、目的の漢字を入力する方法を紹介してきた。これらはシンプルで分かりやすい半面、漢字によってはどこに載っているのか見つけにくい点が難点だった。

 今回は、読みが分からない漢字を入力するのに一番便利な方法として、MS-IMEの「手書き」機能を紹介しよう。

MS-IMEの「手書き」機能を利用する

 MS-IMEの「手書き」機能は、マウスやノートパソコンに内蔵されているタッチパッドなどを用いて、入力したい漢字を専用の枠に手書きすると、その字形を認識して、候補の漢字を一覧表示してくれるので、その中からユーザーが目的の漢字を選択するという入力方法だ。

 「手書き」機能を呼び出すには、言語バーの「ツール」ボタンをクリックして、「IMEパッド」→「手書き」を選択する(図1)。

【MS-IMEの「手書き」機能を呼び出す】
拡大表示
図1 MS-IMEの「手書き」機能を呼び出すには、言語バーの「ツール」ボタンをクリックして「IMEパッド」→「手書き」を選択する

 なお、既に「IMEパッド」の「文字一覧」や「総画数」などが表示してあったら、画面左上にある「手書き」ボタンをクリックすると、表示内容が「IMEパッド - 手書き」に切り替わる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら