電子メールにもマナーはある。ただし、手紙のマナーとは大きく異なっている。例えば、メールでは通常、時候のあいさつなどは省かれることが多いが、それを失礼と受け取る人は少ないだろう。

 電話と違い、メールは互いの時間を合わせる必要がない。真夜中であろうと遠慮なく送信できるし、受け取った方も自分の都合のよいときに読めばよい。複数の相手に同じ文面のメールを送るのも簡単だ。返信時は相手の文面を簡単に引用できるので、誤解が起こりにくい。送受信した過去のメールは、本文に含まれるキーワードなどで検索すれば、一瞬にして探し出せる。

 こうしたメールの特徴を一言で表すなら「効率」だ。電子メールを多用する人ほど、ビジネスの生産性を高めることに熱心といえる。従って、本当に相手を尊重するならば、かしこまったメールではなく、相手が短時間で正確に内容を理解することができるよう、分かりやすさに注力すべきだ。

分かりやすく、簡潔に

 実は、メールには決まった書式があるわけではない。しかし、国内で送受信されるメールを見る限り、ある程度の作法は確立されつつあるように思われる(図1)。

図1 情報を効率よくやり取りできるのがメールの良さ。お礼やお祝い、異動のあいさつなどは別だが、基本的には簡潔さを信条としたい。特に用件が複数あるときには、個条書きにしておくと、相手も「1番の件については」などと答えられるので、行き違いも少なくなる。また、メールソフトは行間が狭い場合が多く字が詰まって見えるので、段落の間に1~2行の空白行を入れると読みやすくなる

[まず、文頭には相手の名前を:次のページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら