まずはExcelの表をWord文書に貼ってみよう。Excelで表を選択してツールバーの「コピー」ボタンを押し、Wordに切り替えて、ツールバーの「貼り付け」ボタンで表を貼り付ける。ユーザーによっては「編集」メニューを使ったり、[Ctrl]キー+[C]キー(コピー)、[Ctrl]キー+[V]キー(貼り付け)を使うこともあるだろう。実際にこの操作をしてみると、貼り付けた表のサイズ変更や編集がしづらいことに気付くはずだ。単純にコピー&ペーストで貼り付けた表は、Wordの表として貼り付けられる。一見するとExcelの表だが、実はWordの罫線で作った表で、編集範囲も限られてしまうのだ。

貼り付け方法は多数ある

 Excelの表をWordに貼り付ける方法は10種類以上ある。「その他の貼り付け」の種類が多いのだ。図1はそのうちの代表的な方法をまとめたもの。ただし、基本は前回で説明したように3パターンに集約できる。前述のコピー&ペーストは「その他の貼り付け」に含む。

[では貼り付け方法を紹介しよう:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら