みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンは、新機種が続々と発表になって、非常に盛り上がっています。その中でも、ソフトバンクモバイルのWindows Mobileスマートフォン「X02HT」のネット予約が、9月11日火曜、午前7時より開始されました。

 この「X02HT」の発売には、非常に嬉しく感じています。理由は2点あります。

 一つは、日本に登場するWindows Mobileスマートフォンとしては、初めてストレート型キーボードを搭載したことです。スライド型キーボードはキーボードサイズを大きくできるため入力はしやすいのですが、その半面、スライドするというアクションが一つ入るためモバイルシーンでは素早く入力するときにひと手間多くなります。また、片手で入力するには難しいスタイルです。ストレート型ですと、すぐにキーボード入力ができ、また、片手でも入力可能になります。

 もう一つは、「Windows Mobile 6 Standard Edition」を搭載していることです。今まで国内で登場したWindows Mobile端末は、画面タップを前提としたスタイラスペンを利用するオペレーションでした。Windows Mobile 6 Standard Editionは、画面タップができません。すべてキーで操作します。携帯電話としては当たり前のことなのですが、スタイラスペンを使って操作するPDAの時代からWindows Mobileを利用していたユーザーにとっては、まさに異次元のOSなのです。

 前置きが長くなりました。それだけ、意味のある端末であるX02HTを発売前にレビューする機会をいただきましたので、早速レビューします。怒濤の写真レビューをお楽しみください。

[怒涛のレビュー開始!まずはきょう体から:次のページ]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら