データそのものを暗号化すれば、それを解読(復号)するための鍵を知らない第三者は、内容を読めない。このため、暗号化の対策を講じておけば、データがネットに流出しても、中身を読み取られる危険性を大幅に低減できる。暗号化はデータを守るための最終手段なのだ。被害はせいぜいファイル名を知られる程度に抑えられる。

 ただ、データを暗号化し出すと、パソコンの使い勝手は極端に悪くなる。セキュリティ対策は、常に使い勝手とのバランスを見る必要があり、実際に暗号化するなら、使い勝手を大きく損なわない範囲での実現性を考えた方がよい。

 そこで、ここでは普段使っているファイルやフォルダーをどのような方法で暗号化すれば実用上問題ないのかを具体的に考えていく。

[では具体的に見ていこう:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら