あの場所で撮影した思い出の写真が見たい――デジカメで撮影した風景写真や家族のスナップ写真を、パソコンにまとめて保存している人は多いだろう。ただ、ファイルの数が多くなれば、検索の悩みも増えてくる。数年前に旅行先で撮影した1枚を探すとなるとひと苦労だ。

 それが、デジタル地図の上で撮影場所を表示できるとなればどうだろうか。目的の写真を即座に発見できるだけでなく、画像と同時に地図情報を見ることで「この道を通ったなあ」「こんなに高い山に登ったのか」と、旅行やハイキングの思い出が鮮明によみがえってくるだろう。Web上の地図サービスで、このような“アルバム地図”を手軽に作成できるのだ。

 アルバム地図を作るには、あらかじめ撮影した場所の位置情報を画像データに書き込んでおく必要がある。実は、デジカメの画像データは、撮影した場所の緯度経度を書き込める仕組みがある。

 現在の多くのデジカメは「Exif」と呼ばれるファイル形式を採用している。Exif形式の画像データには撮影日時やシャッター速度、絞りといった撮影時の状態を示すデータを記録できる。このデータに撮影時の位置情報を追加することも可能なのだ。

 以前は、画像データに位置情報を付加するには、特殊なGPS対応デジカメかGPSユニットを使う必要があった。最近では手軽に実現する方法が登場してきた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら