ハードディスク(HDD)は、プログラムやデータを記録している大事な装置だ。パソコンの電源をオフにしてもHDD内のデータが消えることはない。HDDはどのようにデータを記録しているのか。今回はその仕組みについて解説する。

 プログラムやデータはHDDに記録されている。まずはおさらいを兼ねて、CPUがHDDにアクセスする仕組みを解説しよう。第2回で述べたように、CPUはメモリー空間を介して周辺機器にアクセスするが、HDDも同様だ(図1)。

RAMとの根本的な違い

 メモリー空間にはHDD内にあるコントローラーのレジスターが現れ、CPUはそこに読み出し命令を書き込む。するとコントローラーはディスク上に記録されている目的のデータを読み出し、バッファーメモリーに蓄える。それがメインメモリー(RAM)に転送されてはじめて、CPUがアクセス可能となる。HDDはメモリー素子とは根本的に違う記憶装置なのだ(図2)。なお、バッファーからメインメモリーへのデータ転送はCPUではなく、HDD内のDMAコントローラーが行う。この方式はDMA(Direct Memory Access)転送と呼ばれ、CPUの負荷が軽減される。

[データは磁石で記録:次のページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら