メモリーカードのデジカメ画像を誤って削除した。こんなケースでも、基本編で紹介した手順で、通常のファイルと同様に復元できる。しかし、画像専用の復元ソフトなら、復元前に画像を簡単にプレビューでき、複数ファイルを一挙に復元できるので便利だ。

◆ ◆ ◆

プレビュー機能で復元前の画像を確認

 「ゼロ・アサンプション・リカバリー」(ZAR)は、海外製フリーソフト(図1、図2)[注]。ファイルの種類を「Recover images~」、復元対象を「DIGITAL_CAMERA」に指定。次の画面でファイルの中身を確認し、復元すればよい(図3~図7)。

[注] 「ゼロ・アサンプション・リカバリー」は、画像以外のファイル復元にも対応する。ダウンロードできるのは限定評価版だが、画像の復元は制限なく自由に利用できる。一般的なファイルの復元では、復元対象のフォルダが1起動当たり4つに制限される。なお、図2以降は本記事執筆時点の最新版8.0での操作画面

図1 「zar82setup.exe」(2007年7月3日現在の最新版)ファイルを入手し、ダブルクリックしてインストール。デスクトップに作成されたアイコンをダブルクリックして起動できる。 「ゼロ・アサンプション・リカバリー」は、画像以外のファイル復元にも対応する。ダウンロードできるのは限定評価版だが、画像の復元は制限なく自由に利用できる。一般的なファイルの復元では、復元対象のフォルダが1起動当たり4つに制限される
図2 起動前にデジカメをつなぎ、ソフトを起動。最初に開く説明は「Close」で閉じる。次に、この画面が出たところで「Next」を押す
図3 復元するファイルの種類を選ぶ。「Recover images from the digital camera memory card」を選び(1)、「Next」を押す(2)
図4 メモリーを入れたデジタルカメラをUSB接続した場合に現れる「DIGITAL_CAMERA」の表示を選択し(1)、「Next」を押す(2)
図5 復元できる画像ファイルが一覧表示される。ファイル名をクリックすると(1)、右にプレビューが表示される(2)
図6 復元したいファイルの左にある「□」をチェックして複数の画像を同時に指定できる(1)。すべてチェックしたら「Next」を押す(2)
図7 「Destination」(保存先)欄の右にある「…」ボタンを押し(1)、保存するドライブを指定して(2)、「OK」を押す(3)。これで指定ドライブに画像ファイルが復元される
[それでも復活できないときは?:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら