2007 Office system(Office 2007)が登場して、はや半年。まだ2007を使い始めていない人も、紹介記事や店頭でのデモンストレーションなどを目にして、「今度のOfficeは、随分と変わったなあ」と思っていることだろう。

 その中でも、特に大きく進化したのがPowerPoint 2007だ。操作性も大きく向上している。しかし、操作性が大きく変わったということは、これまでのバージョンを使っていたユーザーにしてみれば、これまでにせっかく覚えたPowerPointの使い方が、新バージョンでも通用するのかどうかが気になるところだ。

 新バージョンへの移行を考えたとき、日々の業務に追われる中では、新しいPowerPointの派手な新機能の存在を知ることより、これまでに慣れ親しんだ機能を使うには、どのように操作すればよいのかを知ることのほうが優先するはず。

 そこで、この連載では、プレゼンテーション用の資料を作る基本的な流れに沿って、PowerPoint 2007の操作を6回にわけて紹介していく。これまでのPowerPointを使っていた人はもちろん、そうでない人も、PowerPoint 2007で、プレゼンテーション資料を作る方法をマスターしよう。

 第1回目は、プレゼンテーションの展開に合わせて、必要なスライドを準備してプレゼンテーションの構成を固める作業だ。では、早速はじめよう。

[メニューバーやツールバーがない?:次のページへ]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら