ホームネットワークで注目を浴びつつある技術が「DTCP/IP(Digital Transmission Content Protection over IP network)」だ。今回と次回はDTCP/IPについて解説する。今回はまず、DTCP/IPのベースとなっている「DTCP(Digital Transmission Content Protection)」を取り上げよう。

デジタルビデオ機器で既に採用されているDTCP

 DTCPは、「5C」と呼ばれる5つの企業(Intel、ソニー、東芝、日立製作所、松下電器産業)が共同で策定した、著作権保護機構を備えたデジタルコンテンツの伝送技術だ。元々は、IEEE1394を使った伝送路でデジタルデータ、特にビデオコンテンツを取り扱うことを目的に作られた規格なのだが、コンテンツ保護の仕組み自体は伝送路の物理層(トランスポート層)に依存しない。そのため、現在では多様なトランスポート層に対応できるように付則が定義されている(表1)。DTCP/IPは、文字通りDTCPの仕組みをIPネットワークに適用したものだ。

 デジタル放送のチューナーや、D-VHSの録画機器ではDTCPへの対応が進んでいる。ご存知のように、日本国内のBSおよび地上デジタルテレビ放送では、すべて「コピーワンス」というコピーコントロールが採用されている。一度デジタル放送を録画すると、そこからはデジタル接続でのダビングができない。このデジタル接続で使用されている方式が「i.LINK」で、それにはi.LINK用のDTCPの補則が適用されている。

 DTCPを構成する主な要素技術は、(1)機器認証とキー交換(Authentication and Key Exchange、AKE)、(2)コンテンツの暗号化、(3)コピーコントロール情報(Copy Control Information、CCI)、(4)システム更新メッセージ(System Renewability Messages、SRMs)の4つだ。DTCPの場合、コンテンツの送信側をソース機器(Source Device)、受信側をシンク機器(Sink Device)と呼ぶ。AKEには「完全認証」と「制限認証」の2つの方式が定められており、対応しない機器では認証ができない(表2)。これらの全体の処理の流れを図1に示す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら