エクセルの高機能ぶりは今さら言うまでもない。計算はもちろん、文書やデータベースの作成にも活用できる。そうしたポテンシャルの高さが人気の秘密なのだろう。だが、エクセルの本職は「表計算」だ。数値の計算こそエクセルにお任せ……と言いたいところだが、ちょっと待ってほしい。実はエクセルが“計算ミス”をする事実をご存じだろうか。「そんなまさか」と思った方は、ぜひ最後まで読んでいただきたい。エクセルが計算ミスをする原因と、その対処法を紹介しよう。


小数計算で答えが合わない!「2進法」ゆえの宿命…

 上図は計算ミスの“現場”だ。セルには「=1.2-1.1」という簡単な式を入力した。答えは、もちろん「0.1」。エクセルを使うまでもなく暗算でわかる。セルにも、通常は「0.1」が表示される。

 しかし、問題はこの後だ。ツールバーの「小数点表示桁上げ」ボタンをクリックして小数点以下の桁数を増やしていくと、どうなるだろう。ある桁数を超えると、計算結果の「0.1」が「0.0999…」と変化してしまうのだ。

 これは表示上のトラブルではない。エクセルの中では、そもそも「=1.2-1.1」の計算結果が「0.0999…」だったのだ。

[なぜExcelは間違える?:次のページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら