このファイル、少しサイズが大きいけれど添付しても大丈夫だろうか。この表現は、取引先に対して失礼に当たらないか。――メールを使う上で、こんな迷いを抱く瞬間はないだろうか。メールの世界では、自分では正しいと思う方法が相手にとっては無礼に当たる、ということも珍しくない。パソコンユーザーへのアンケートと、メールの達人への取材を通じて、今どきのメールの作法を探った。

 ビジネスツールとしてのメールの存在感は増すばかり。その一方で、利用者が守るべきルールや作法はあいまいなままだ。自分ならではの流儀を通している人が多いのが実情だろう。

 その流儀がメールの相手と合致していればよいが、相違したときに悲劇は起こる。受け取ったメールが無礼だと腹を立てたり、逆に他人からおしかりを受けたりした経験がある人も少なくないはずだ。

 トラブルなく、上手にメールを使うためには、多くの人にとっての一般的な使い方、いわば“メールの常識”をつかんでおいた方がよい。そこで本誌ではメールの作法に関するアンケート調査を実施し、1065人から回答を得た。そこから分かった最新のメールの常識をここで紹介しよう。

 文中では、本誌が2002年に実施した類似の調査の結果との比較も実施している。インターネット環境の変化に応じて、メールの常識がどのように移り変わっているかをご確認いただきたい。

最初でもあいさつは短く

 まずは、メールの基本についての質問だ。初めてメールを出す相手への、望ましいあいさつについて聞いた。手紙のように「拝啓 貴社益々~」などと書くべきか、もっと簡潔にするべきか、である。

 結果は、簡潔にすべきと答えた人が全体の7割を超えた。この質問には、2002年の調査でもほぼ同じ結果が出ていた。メールは常に簡潔に、という考え方は、もはや普遍的になりつつあると見てよいだろう。

名刺を交換したばかりの相手に初めてメールを出す際に、適切と思われる冒頭のあいさつを尋ねた。7割以上の人が、簡潔なあいさつの方が適切と回答した
[返信時の引用と署名では意見が分かれる:次のページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら