エクセルは「シリアル値」と呼ばれる特別な数値を使って、日付を管理している。シリアル値は、「1900年1月1日」を「1」とする連続した数値で、「1日」で「1」ずつ増加する。1日分を「1」とする“通し番号”で日付を管理することで、「7」を足せば「7日後」、「10」を引けば「10日前」の日付が簡単に計算できる仕組みになっている。


1900年は「うるう年」? シリアル値に潜む“幻”の1日

 便利な「シリアル値」だが、詳しく見てみると、奇妙な点に気付く。「1900年2月25日」という日付を入力し、そのセルの右下隅をドラグしてみよう。オートフィル機能により、「2月26日」「2月27日」…と、続く日付が自動入力されていく。「2月28日」の次に入力された日付に注目してほしい。「1900年2月29日」となっているはずだ。問題はここ。暦によれば、現実の1900年は「うるう年」ではない。「2月29日」は存在しなかったのだ。

 そもそも「うるう年」とは、地球の公転周期と暦のズレを調整するために考え出された制度。通常の暦では、1年を「365日」としているが、実際の地球は「365日と約5時間48分46秒」かけて公転している。そこで、4年に1度「2月29日」を作り、ズレを補正しているのだが、これだけではズレを完全に直せない。そのため、現在使われている「グレゴリオ暦」では、「4年に1度」という「うるう年」のルールに、次のような“例外”を定めている。

(1)西暦年が「100」で割り切れる場合はうるう年としない
(2)ただし、「400」で割り切れる場合はうるう年とする

 つまり、「1900年」は(1)の例外に該当し、うるう年とはならないわけだ。ではなぜエクセルのシリアル値には、「1900年2月29日」という“実在しない1日”が存在するのだろうか。


[1900年2月29日の秘密とは:次のページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら