日頃から標準で付いてくる明朝体とゴシック体だけを使っている人でも、見た目、微妙に違いのあるフォントがあることはご存じだろう。今回はそんな書体の話をしよう。

 Wordなどで文書を作成しているユーザーがフォントを気にするのは、文字サイズを変更する場合と、文字の形を変更する場合だろう。文字サイズについては前回説明したので、今回は後者の文字の形について検証していこう。

 ただし、ひと口で文字の形と言っても、そこには多種多様なテーマが含まれている。そこで、今回は「等幅」と「プロポーショナル」という文字の幅についてと、Windowsに標準添付している明朝体フォントとゴシック体フォントの使い分け方について取り上げたい。

 冒頭でいきなり「等幅」と「プロポーショナル」というあまり聞き慣れない言葉を使ってしまったが、WordやExcelなどの「書式設定」ツールバーの「フォント」リストボックスの▼をクリックすると、パソコンにインストールされているフォントの一覧が現れるだろう。その中に「MS 明朝」と「MS P明朝」、「MS ゴシック」と「MS Pゴシック」というように、フォント名に「P」の付くフォントと付かないフォントがあるハズだ(図1)。この「P」の付かないフォントが等幅フォント*1で、付くフォントがプロポーショナルフォントだ。

図1 フォントの一覧を見ると、「MS 明朝」と「MS P明朝」、「MS ゴシック」と「MS Pゴシック」というように、名前に「P」の付くフォントと付かないフォントがある

「P」の付くフォントって何?

 例えば、「Excellent movie」といった英語を「P」の付かない「MS 明朝」と、「P」の付く「MS P明朝」で書いてみてほしい*2(図2)。「MS明朝」の場合はどの文字もすべて同じ幅で配置されるため、「l(小文字のエル)」や「i」の前後が妙に空いて見える。一方の「MS P明朝」の場合は「l」や「i」の前後が詰めて配置される。このように、個々の文字の形そのものは同じでも、文字を並べた時に等幅フォントではどの文字も同じ間隔で配置されるのに対して、プロポーショナルフォントでは文字によって異なるという違いがあるのだ。

 英和辞典で「proportional」を引いてみると、「釣合った、比例する」といった意味が載っている。日本語では「彼女のプロポーションは抜群だ!」などと使う。つまり、見た目のバランスが文字毎に最適となるようにデザインされているフォントが「プロポーショナルフォント」なのだ。

図2 最も大きな違いは英字の幅だ。「P」が付かない方はどの文字も同じ幅で、漢字やひらがなのちょうど半分の幅なのに対して、「P」が付く方は「l」や「i」に顕著に表れている通り、文字ごとに幅が異なっている

*1 等幅フォント
「等幅」は「とうはば」と読む。「プロポーショナルフォント」の呼び名はこれ1つだが、「等幅フォント」の方は「固定幅フォント」「固定ピッチフォント」「フィックスドフォント」「タイプライターフォント」といった呼び方をされることもある。

*2 英語を…書いてみてほしい
Wordでは、通常、ひらがなや漢字に対しては「MS 明朝」フォントが設定されるが、半角の英数字に対しては自動的に「Century」フォントが設定される。「フォント」リストボックスで「MS 明朝」「MS P明朝」を選択すると、日本語フォントに変更される。

プロポーショナルの効能

 前ページでは「Excellent movie」といった短い英文を例にしたが、今度はもう少し長めの英文を書いてみた*3(図3)。同じ文章に対して上半分では等幅フォントを、下半分ではプロポーショナルフォントを設定してみたものだが、さて、どちらの方が読みやすいと感じるだろうか?慣れにもよるだろうが、多くの人は下半分のプロポーショナルフォントの方を読みやすいと感じるハズだ。プロポーショナルフォントの方が単語と単語の区切りがわかりやすい。そこら辺が英文としての読みやすさに影響しているのだろう。

図3 ちょっと長めの英文を作成してみれば、等幅フォント(上:Courier New)とプロポーショナルフォント(下:Arial)のどちらの方が読みやすいか、一目瞭然だろう

 プロポーショナルフォントの効能があるのは、英文を書く場合だけではない。例えば、コンピューター関係の文書では「Windows」や「Pentium」といった英語生まれの用語を多用する。あるいは、ビジネスの世界でも、「incentive(報奨金)」「scheme(計画・枠組み)」といった言葉をよく耳にするが、企画書の類ではこれらの言葉が英語のまま、使われることも珍しくない。日本語の文章中に専門用語やビジネス用語の英単語を交ぜて記述する場合も、プロポーショナルフォントを設定した方がずっと見た目が自然な感じとなるし、グンと引き締まった印象を受ける(図4)。

図4 これは日本語の文章中に英単語が交じっている場合。等幅フォント(上:MS 明朝)は日本語文字と英字のバランスが悪いだけでなく、読点(、)の後ろが空きすぎている。プロポーショナルフォント(下:MS P明朝)の方がより自然な感じを受ける

 このように「英単語や英文はプロポーショナルフォントで」が原則だが、等幅フォントが活躍するケースもある。例えば、コンピュータープログラムのソースコードやWebページのHTMLのソースコードなどは1文字1文字がハッキリして誤解されないことが大切なので、等幅フォントが向いている。名刺やレターヘッドにメールアドレスや自社サイトのURL*4などを印刷する場合も同様だ。

*3 英文を書いてみた
普通に英文を入力すると、左右の余白を除いた領域いっぱいに両端がそろうように、単語と単語の間が自動的に調整される(両端揃え)。図3では、英文作成用のテンプレート「英文」→「Blank Document」を呼び出して、「左揃え」の状態で入力してみた。

*4 メールアドレスや…URL
最近はパソコンを用いてお手軽に作成する名刺が増えているせいか、名刺そのものの利用価値が下がっているせいか、メールアドレスやURLが読みにくい書体で印刷されている名刺に出会うことが少なくない。読者の皆さんもご自分の名刺を見直してみてほしい

(「フォントの違いを理解して使い分ける(後)」に続く)

出典:日経パソコン 2006年5月22日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。