仮想メモリーとは、ハードディスク(HDD)をメモリーの一部のように見立ててデータを書き込む仕組みのことです。

 実行中のプログラムや、プログラムが利用しているデータは、通常メインメモリーに書き込まれています。ところが複数のプログラムを同時に起動していたり、サイズの大きいデータを読み込んだりする場合には、メインメモリーだけでは容量が足りなくなることがあります。仮想メモリーによって、メインメモリーの容量を超えるデータが扱えるようになります。

実行中のプログラムや、そのプログラムが利用するデータはメインメモリーに読み込まれている。データの量がメインメモリーに入りきらない場合に使われるのが仮想メモリーだ。ハードディスクをメモリーの一部のように見立てて、あまり使われていないデータを移す

 仮想メモリー不足のメッセージは、仮想メモリーとして設定された容量を超えるサイズのデータを読み込もうとしたときに表示されます。対処策としては、まず仮想メモリーの容量を増やすことが挙げられます。仮想メモリーの容量は、メインメモリーの容量に応じて自動的に設定されています。これを、必要なサイズに手動で設定し直します。

「コントロールパネル」から「システム」を選んでダブルクリックし、ダイアログボックスを開く。「詳細設定」タブにある「パフォーマンス」の設定ボタンをクリック
すると、「パフォーマンスオプション」が表示される。「詳細設定」タブを開き、「仮想メモリ」の変更ボタンを押す
表示されたダイアログボックスで、サイズを変更する。中央のテキストボックスにサイズを入力する

 問題は、どの程度増やせばよいかです。仮想メモリーは、多ければ多いほどよいというものではありません。HDDへのアクセスはメモリーに比べて時間がかかるので、仮想メモリーへのデータの書き込みや読み出しが頻繁に発生すると、システム全体の処理速度が大幅に低下する可能性があるのです。

 最適な値を設定するには、自分が普段使っているメモリーの量を調べてみるとよいでしょう。これは、タスクバーを右クリックして「タスクマネージャ」を表示し、「パフォーマンス」タブの「コミットチャージ」の「合計」で確認できます。パソコンで普段の作業をしたときにこの値がどの程度になるかを確認し、自分のパソコンに必要な仮想メモリーの量を判断してください。また、この値がメインメモリーの量よりも大幅に大きい場合には、メインメモリーの増設を検討した方がよいでしょう。

 なお、HDDの空き容量が少なすぎると、必要な仮想メモリーを確保できなくなってしまいます。コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を選び、不要なアプリケーションを削除するなどして空き容量を増やしてください。

出典:日経パソコン 2006年8月14日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。