待ちに待ったOffice 2007がいよいよ登場した。しかし、インタフェースが大刷新されたため、「あるはずの機能がない」「あのコマンドはどこへ?」と困惑している人も多いはず。いわば“2007年問題”の発生だ。この連載では、ExcelとWordでのこうした問題を解消する決め手を徹底解説する。既にお悩みの方も、これから悩む方も、お見逃しなく。

 Office 2007の最大の特徴は、メニューやツールバーがなくなって、代わりに「リボン」と呼ばれるユーザーインタフェースが採用された点だ(図1)。このリボンの上には各種コマンドボタンが表示される。また、リボンの上部にある「タブ」をクリックすることで、リボンの内容を適宜切り替えるようになっている。

 しかし、かつてのプルダウンメニューが単純にタブとリボン上のコマンドボタンに置き換わった、と考えるのは早計だ。インタフェースの改変と同時に、コマンドのグループ分けが大きく変化したからだ。例え話で言うならば、かつてOffice 2003という古い土地があり、そこが再開発による区画整理でOffice 2007という新たな街に生まれ変わった、というようなイメージだ。

 従って、Office 2007にスムーズに乗り換えるには、旧版の土地カンを捨て、新たな土地カンを養うことが必要になる。そのためには、まずOffice 2007で新たに採用されたコマンドのグループ化の考え方、いわば「Office 2007の区画ポリシー」を理解するのが早道になる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら