「自分の体は自分がよく知っている」と豪語する人は、病気になったとたんに弱気になることが多い。対処方法が全く分からないからだ。一方、体の仕組みを知ったうえで健康状態に気を配っている人は、病気になっても冷静に対処できる。

 この話はパソコンとは無関係に思えるかもしれないが、実はそうでもない。「パソコンの仕組みなんて知らなくても、きちんと使える」。こう言い続けていると、突然ハードウエアのトラブルに遭遇したとき、何が原因なのか突き止められない。さらに、新技術にも、基本が分からず理解に苦しむことになる。パソコンユーザーである以上、一度はパソコンの中身について勉強しておきたい。

 「パソコンの仕組み」というテーマで丁寧に細かく解説していくと、おそらく数冊の本が出来上がってしまう。難しい言葉だけでなく、複雑な数式や図解がずらりと並ぶだろう。けれども本特集の目的は、さらりと読めて役に立つこと。そこで今回は、単純化した図を用いながら、パソコンを構成する要素別に動作方法や役割、そして最新技術を分かりやすく解説することにした。

基本の構成要素を把握

 パソコンは複数の構成要素から成り立っている(下図)。主なパーツを紹介していこう。まずはパソコンの頭脳に相当するCPUだ。演算処理を担当し、性能が高いほど処理スピードが速い。Webサイトの閲覧やメールの読み書きでは、その速度はあまり体感できないが、動画の編集や変換処理などではCPU性能が物を言う。パソコンのカタログにも登場する「デュアルコア」といった話題のキーワードは覚えておこう(→70ページ)。

 CPUと密接な関係にあって、データの一時預かりや受け渡しをするのはメモリーだ。2007年初頭に出荷予定の次期OS「Windows Vista」では、快適に動作するメモリー容量の目安が1GBにも達している。こうなると、メモリーがパソコンの性能に及ぼす影響が気になってくる(→72ページ)。メモリーと同様に、グラフィックス機能も重要性を増している。高度な画面処理や3次元表示を利用するVistaでは、高性能なグラフィックス機能が要求されるからだ。(→73ページ)。

 ハードディスク(HDD)は大容量化がとどまるところを知らない。特に最近は、デジタル放送の録画で大容量製品の需要が高まっている。なぜ壊れやすいかといった素朴な疑問も、仕組みを知れば納得するだろう(→74ページ)。

次世代DVDとは?

 光学ドライブはパソコンの動作に必須のパーツではないが、CD/DVDの再生や、データのバックアップには欠かせない機器だ。次世代DVDの話題に付いていくためにも、基本のDVDからおさらいしておくとよい(→78ページ)。

 液晶ディスプレイはパソコンとユーザーとの間をつなぐ大事な機器だ。最近の製品は動画再生性能が向上しており、古い機種からの買い換えを検討している人もいるだろう。そんなときに知っておきたいポイントをまとめた(→80ページ)。

 キーボードやマウスは、毎日触れる機器なだけに自分に合った製品を選びたい。キーボードは内部構造によって押しやすさが変わる。一方、マウスではレーザー方式の人気が高まっている(→82ページ)。

 そして、ハードウエア全般を制御する基本ソフトウエア、OSも大事だ。Windows Vistaが登場する前に、OSの役割を改めて見直してみよう(76ページ)。

 各パーツは、チップセットと呼ばれる集積回路を通して連携して動く。そのチップセットはマザーボードという基板に搭載されている(下図)。本来であれば、このチップセットやマザーボード、電源、CPUファン、各種インタフェースも重要なのだが、本特集では基本の8項目を順に見ていく。

パソコンの大まかな構成。これら主要なパーツが連携して動作する。パーツ間のデータの受け渡しをしているのは、チップセットと呼ばれる集積回路。CPU、メモリー、グラフィックス、各種の外部機器との間を取り持つ

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら