Cookieはインターネット標準の技術だが、Webブラウザーにはこれをブロックする機能がある。特定サイトのCookieだけをしゃ断することも可能だ。だが、ショッピングサイトの「買い物かご」のように、Cookieをしゃ断すると使い勝手が落ちたり障害が出るサイトもあるから、何でもかんでも制限するのは考えもの。同じ広告を何度も出さない善意の広告制御Cookieなども一考を要する。

 何をしゃ断するかは読者諸兄姉の判断にゆだねる。本章ではInternet Explorer(IE)6を例に、Cookieに関連した機能を解説する(Cookieの制御機能に関してはIE7もほぼ同様)。

自動でCookieをはじく

 IE6でCookieを処理する方法は、上図に示した4つがある。順番に説明してゆこう。

 まず、IEの「ツール」メニューにある「インターネットオプション」で「プライバシー」タブを開いてみよう。「設定」項目にあるスライダー(つまみ)で、Cookieの受け入れレベルを6段階に切り替えられる(図19)。Windows XP Service Pack(SP)1とSP2とで画面は異なるが、6段階の切り替えは一緒だ(図20)。IE6はこの設定に従って、Cookieの受け入れを自動的に制限する。初期設定は上から4番目の「中」だ。

【Internet Explorerのプライバシーレベルを調節する】
図19 「ツール」メニューから「インターネットオプション」を選択。「プライバシー」タブのスライダーでCookieの受け入れを6段階で調節できる
図20 SP1では若干画面が異なる。「サイト」ボタンが「編集」ボタンとなっており、「ポップアップブロック」の設定欄がない

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら