Webサイトは、あなたがだれかを知っている…。これは事実だ。

 名前こそ分からないが、「3日前に来てダイエット食品のページを見た人」なんてことはすぐ分かる。「また来たな。じゃあ今度はダイエット器具の広告を表示してやろう」なんて操作が、Webサイト側で自在にできるのだ。

 何だか気味が悪いが、裏にあるのは「Cookie(クッキー)」と呼ぶインターネットの技術。Web社会では欠かせないものになっており、もはやCookieに全く触れないネットサーフィンは不可能といっていい。

知らぬ間にCookieの山

 Cookieの仕組みは図1の通り。Webサーバーは、アクセスしてきたユーザーのWebブラウザーにいろいろな情報を保存するよう指令できる。例えば「38人目の見知らぬ人」なら「USER_ID=Stranger038」といった情報をパソコン側に保存しておけば、それでユーザーを識別できる。

【Cookieはサーバーからの指令で保存される情報】
拡大表示
図1 Webサーバーから返ってくる情報(Webページ)にCookieが含まれている場合、ブラウザーはそれに従ってCookieをパソコン内に保存する。次回、同じサーバーにアクセスするときは、自動的に保存されていたCookieが送出される。これはWeb技術(HTTPプロトコル)の標準的な仕様

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら