拡大表示
図1 Checkmarkで認証取得に必要な要件
拡大表示
図2 The WildList Organization Internationalが公開している「WildList」

 ソースネクストのセキュリティ対策ソフト「ウイルスセキュリティZERO」が2006年12月中旬に、セキュリティ製品のテスト機関「West Coast Labs」の認証「Checkmark Anti-Virus Level 1」(図1)を取得した(CheckmarkのWebサイト)。これを受けて日経パソコンでは、ウイルスセキュリティZEROのウイルス検出率を再び検証してみた(前回の検証結果)。Checkmark Anti-Virus Level 1を取得するためには、国際団体「The WildList Organization International」が集計し、発表している「WildList」(現在広く流行しているウイルスの一覧)を100%検出することが求められている(図2)。

 今回の検証に利用したウイルスのリストは2種類。(1)2006年1月の時点でThe WildList Organization Internationalが所有するIn the Wildのウイルス785種、(2)2005年1月から2006年1月に情報処理推進機構(IPA)へ届け出があったウイルスに、最近流行したウイルスなどを加えた、JCSRが所有する222種の独自サンプル--である。比較のため、前回の検証でWildListのウイルスと独自サンプルの両方で100%の検出率を出したシマンテックの「ノートン・インターネットセキュリティ 2007」も同じ条件で検証した。検証作業は、前回の検証と同様、The WildList Organization Internationalへウイルスを報告するレポーターを国内で唯一有する日本コンピュータセキュリティリサーチ(JCSR)の遠藤基 コンピュータウイルス研究員に依頼した。

 検証結果を先に言うと、認証条件に当たる(1)のWildListのウイルスを100%検出できた。一方で、(2)の独自サンプルを使った検証では、ウイルスの検出率は約80%にとどまった(図3)。ノートン・インターネットセキュリティ 2007は前回と同じく、(1)(2)とも100%だった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら