受け取るとほとんどの利用者が「迷惑」と感じているのにもかかわらず、迷惑メールは増え続けている。

 その大きな理由が、メールによる勧誘や広告が従来の郵送やチラシなどに比べて極めて低コストであるためだ。従来であれば広告・宣伝の案内は、郵便を使ったダイレクトメールが一般的だった。この場合、海外から発送するなどの工夫をしても印刷代まで含めると1通当たり最低でも80円程度はかかる。1万件のダイレクトメールを出そうとすると、費用は約80万円となる計算だ。

 ところが電子メールは安い。何社かのメール送信の代行業者に価格を問い合わせてみたところ、安ければ1通当たり0.6円程度。1万人に送っても送信代は6000円しかかからない(メールアドレス入手代は別)。詳細は不明だが、これで2~3%の返信があればビジネスとして十分利益が出るといわれている。

【電子メールは送信コストが格段に安い】

 送信数がより多い場合、自前でシステムを構築すれば、さらに安く送れる。必要なものはインターネットに接続できる環境と、送信用のメールアドレス、メール送信用の専用ソフトウエアのみ。例えば10万通のメールを送る場合、自前のシステムなら10万円強もあれば送信できる。

【環境を自前で準備すればさらに安い(10万件を送信する場合)】

 パソコンを使ったシステムだけでなく、携帯電話を使ったメールの送信セットも販売されている。価格は70万円からとやや高いが、携帯電話からのメールはユーザーの返信率がパソコンからのメールよりも高いとされている。出会い系に至っては「勧誘メールに対して返信率は10%を超える例もあるのではないか」(大手携帯電話会社)と言う。

【携帯電話を使う専用システムも存在する】

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら