再起動の有無はソフトにもよる。再起動が必要なのは、例えばコピーするファイルに共有ファイルが含まれていて、これをWindowsや他のソフトが使用している場合。このまま上書きをすると動作の整合性が取れなくなり、不具合の原因となる。この際は、一度保留状態にしておき、再起動時の初期化中に共有ファイルを上書きするのだ。なお、インストール時に、必要なファイルをすべてコピーできるソフトなら再起動の必要性は薄い。

図1 ソフトによってはインストール後、再起動を促す画面が表示される


出典:日経パソコン 2004年1月5日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。