ヤフーやライブドアなどの大手ポータルサイトの多くには、無料の翻訳サービスがあります。これは、翻訳したい文章やサイトのURLを入力すると、英語から日本語、または日本語から英語へと翻訳してくれるサービスです。ポータルサイトによっては、英語以外に中国語や韓国語などの翻訳サービスも提供しています。

 これらのサービスは翻訳ソフトを基に開発されていることが多く、ヤフーの翻訳サービスはクロスランゲージが、インフォシークやライブドアの翻訳サービスは東芝と提携しているアミカイが提供しています。クロスランゲージ、東芝とも翻訳ソフトのメーカーでもあります。

 無料なので翻訳精度は高くないと思いがちですが、複雑な構文を持たない一般的な文章であれば、素早く大意をつかむのに役立ちます。ただし、基になる翻訳ソフトが違うため、翻訳結果は多少異なることが多いようです。実際、下にある英語の文章を日本語に翻訳させてみたところ、多少の違いがありました。





 利用は無料なので、もし一つのポータルサイトで翻訳してみて、その結果に満足できなければ、違う翻訳ソフトを使っている別のポータルサイトで試してみるとよいでしょう。なお、グーグルにも検索したサイトを翻訳する機能があります。



出典:日経パソコン 2005年5月23日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。