高速ブロードバンド環境が普及した昨今、過去のデータをハードディスクにためておくブラウザーのキャッシュ機能が不要に感じることがある。場合によって古いデータを見ていることもあり、ブラウザーの更新ボタンを押して最新の情報か確認しなくてはならない。

 Internet Explorer(IE)ではキャッシュ機能がデフォルトで有効になっており、オフラインで過去の情報を見ることができるという便利さもあるが、ハードディスク上「ごみデータ」として居座られるのが嫌だというユーザーも少なくない。随時これらのファイルは手動で削除することもできるが、サイズが大きいと意外に時間を要する。

 そこで、IEを終了した時点で自動的にキャッシュデータをクリアするようにしてみよう。

 IEのメニューバーから、「ツール」-「インターネットオプション」を選び「インターネットオプション」ダイアログを開く。「詳細設定」タブを開き、「設定」の「ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックする。これで、IEウィンドウを閉じた時点でキャッシュデータがクリアされる。

図1 「設定」の「ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックする