ほとんどの読者は、Internet Explorer(IE)の「お気に入り」を利用しているだろう。ご存じの通り、「お気に入り」の一覧を表示した際、項目をドラッグすれば表示順を変えることができる。このことは、「お気に入り」の中にフォルダを作った場合も同じで、フォルダ内の項目の表示順も自由に変えられる。しかしフォルダ名を変えると、フォルダ内の表示順はアルファベット順(正確には文字コード順)に変更されてしまう。

 そこで、今回は「お気に入り」の表示順を保存する方法を紹介しよう。この情報はレジストリに保存されているので、それをファイルとして保存しておけばよい。

 まず、管理者権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックする。レジストリエディタが起動したら、次の順でキーをたどる。

 HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft→Windows
 →CurrentVersion→Explorer→MenuOrder→Favorites

 「Favorites」を選んだ際に画面の右に表示される「Order」という値に、「お気に入り」の表示順が記録されている。これはバイナリデータなので、内容を表示しても意味がわかりにくい。また、「Favorites」の配下にあるキーは「お気に入り」に作ったフォルダに対応している。

 次に表示順を保存しておきたいフォルダに対応するキーを右クリックして、「エクスポート」を選ぶ。適当なファイル名を付けてこの内容をレジストリファイルとして保存する。何らかの拍子で表示順が変わってしまった場合は、このファイルをダブルクリックすれば復活させることができる。

 ちなみに、お気に入りの並び順を保持した状態で「お気に入り」に作ったフォルダの名前を変えるには、「Favorites」配下にあるキーの名前を変更し、続いて「お気に入り」の一覧でフォルダ名を同じものに変更する。いずれの場合も、キーあるいはフォルダ名を右クリックして「名前の変更」を選べばよい。なお、これらの操作はいったんIEを終了して再起動しないと有効でないので注意してほしい。

※レジストリの変更によりPCの起動などに支障をきたす場合があります。レジストリの変更の前には、バックアップを必ず行い、自己責任のもとに行ってください。

図1 「Favorites」の配下にあるキーは「お気に入り」に作ったフォルダに対応している


図2 キーを右クリックして「エクスポート」を選ぶ


図3 適当なファイル名を付けてこの内容をレジストリファイルとして保存する


図4 表示順はレジストリファイルをダブルクリックして復活させることができる


図5 「Favorites」配下にあるキーの名前を変更する。IEの「お気に入り」の一覧でフォルダ名も同じものに変えておく