米インテルは、独ハノーバー市で開催中の情報通信技術展示会「CeBIT 2008」において、今年の夏までに順次投入する予定の小型・超低消費電力プロセッサー「Atomプロセッサー」を採用する製品や、次期モバイルプラットフォーム向け新ブランド「インテル Centrino 2 プロセッサー・テクノロジー」などを公開した。

新プロセッサー登場、Eee PCにも採用か


 Atomは、開発コード名「Silverthorne(シルバーソーン)」または「Diamondville(ダイヤモンドビル)」と呼んでいたもの。45nmプロセス技術によって4700万個のトランジスターを25平方ミリに満たないチップに集積する。消費電力はわずか0.6~2.5ワット程度に抑えており、インテルが推進するMID(Mobile Internet Device)などに採用される。搭載製品は今年の第2四半期から市場に登場する予定だ。

Atomプロセッサーの横に1ユーロセント硬貨を並べた
Atomプラットフォームを採用するシステムボード。システム手帳を一回り小さくした程度の大きさだ

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら