マイクロソフトは2008年2月4日、最新Webブラウザー「Internet Explorer 7(IE7)」の自動更新を解説するWebサイトをオープンした。2月13日以降、Windowsの自動更新機能を有効にしているパソコンでは、IE7が自動的に配布される。ただし、勝手にインストールされることはないので心配無用。自動的に行われるのはダウンロード(配布)まで。インストール時にはユーザーに指示を求めるダイアログを表示する。

 自動更新の対象となるのは、IE7をインストールしていないWindows XP SP2およびWindows Server 2003 SP1。マイクロソフトが公開する同サイトでは、自動更新によるIE7のインストールの流れを画面写真とともに紹介している。以下、同サイトやマイクロソフトへの取材を基に、インストールまでの流れを解説する。

強制的にはインストールされない

 通常、自動更新を有効にしていれば、マイクロソフトが公開したセキュリティ更新プログラムなどは、バックグラウンドでダウンロードおよびインストールされる。ユーザーが意識することはない。

 しかしながら、IE7は「例外」。自動更新を有効にしていても、知らないうちにインストールされることはない。自動的に行われるのは、IE7のダウンロードまで。

 なお、自動更新の設定は「コントロール パネル」の「セキュリティ センター」から確認できる(図1)。自動更新の有効は「推奨設定」なので、有効になっていない場合には、有効にしておいた方がよい。

 2月13日になると、Windowsパソコンの自動更新機能は、バックグラウンドでIE7をダウンロードする。自動更新機能は、パソコンやネットワークの利用状況を見て、ユーザーの作業に影響を与えないように少しずつダウンロードする。このため、ダウンロードが完了するのは、2月14日以降になる可能性がある。以下に説明する画面が2月13日中に表示されなくても、あわてる必要はない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら