ソニーは2008年1月6日(米国時間)、家電展示会「2008 International CES」においてデジタル一眼レフカメラ「αシリーズ」に新モデル「DSLR-A200」(通称はα200)を追加すると発表した。CESの展示ブースでは、実機を複数台展示しており、自由に触れることができる。出荷は米国では2月の見込み。日本での発売は未定。

 DSLR-A200は、2006年7月に発売した従来のエントリー機「DSLR-A100」(通称α100)の後継機となる。外観上の変更はほとんどなく、手ぶれ補正機能やゴミ除去機能などを標準装備する点も変わらない。画素数もα100と同じく1020万画素に据え置かれた。ただ、後述するような細かな改良を図り、機能面を向上させている。一方で価格は、α100と比べ100ドル以上安く設定されている。18-70mmのレンズ付きが約700ドル(α100は約800ドル)、18-70mmと75-300mmの2本が付くタイプが約900ドル(α100は約1100ドル)。

 α100から改善した機能の一つとして挙げられるのが液晶ディスプレイ。2.5型から2.7型に大型化した。もう一つがオートフォーカスの高速化。従来に比べ1.7倍速く合焦するようになった。また、撮影時に設定できるISO感度を、1600から3200に引き上げており、より暗い場所での撮影も可能になった。このほか、シャッター音を静かにしたり、軽量化したりといった、細かな改良が加わっている。