グーグルは2007年12月14日、NTTドコモのiアプリ版のGoogleマップで、GPS機能を利用してユーザーの位置を取得できる機能を追加したと発表した。初めて訪れるような場所でも、自分が現在いる位置を携帯電話の画面上に表示された地図で素早く確認できる。

 iアプリ版Googleマップのメニューから「現在位置を取得」→「GPSで現在位置を取得」と選択する。画面の指示に従い、位置情報を取得すると、現在地を中心とした地図が表示される。中央には、実際にいる位置との誤差範囲を示す青い円も表示する。対応機種はNTTドコモの903iシリーズ以降。