セキュリティベンダーの米サンベルトソフトウエアは2007年7月13日(米国時間)、Internet Explorer 7(IE7)のダウンロードページや米グーグルの検索ページに見せかけた悪質なWebサイトが確認されたとして注意を呼びかけた。アクセスすると、ウイルス(悪質なプログラム)をインストールされる危険性がある。

 いずれも、Webページはイタリア語で記述されている。IE7の偽ページには、Microsoft Updateなどのページと同じように、「Rapido(高速)」と「Personalizzato(カスタム)」のボタンが用意されている。いずれのボタンをクリックしても、「ie.exe」というウイルスのダウンロードが促される。

 このウイルスは、「ダウンローダー」と呼ばれるウイルスの一種。実行されると、別のウイルスをダウンロードして実行する。また、特定の有料サイトに勝手にダイヤルアップ接続する機能も備える。こういったウイルスは「ダイヤラー」などとも呼ばれる。

 さらに、今回報告されたIE7およびGoogleの偽ページは、IEでアクセスすると、いずれもウイルスのActiveXコントロールをインストールしようとする。サンベルトソフトウエアによれば、ウイルス対策ソフトの中には、現時点では今回見つかったウイルスを検出できないものがあるので要注意だという。