記者生活も1年半を過ぎ,最近痛感するのは昔のことを知らないということ。多分,最近パソコンに触れ始めた人は諸先輩の話を聞いて同じ思いをしているのではないか。そこで,歴史上重要なパソコン関連技術や製品の開発者に「今振り返って,あの技術はどのような意味を持つのか」を語ってもらうことにした。

 第1回目は「DOS/V」を取り上げる。DOS/Vといえば,パソコンを使う人なら一度は見聞きしたことがあるだろう。いろいろ調べてみたら,DOS/Vとはいわゆる標準的なパソコンであるIBMの「PC AT互換機」に対応するOS。特別なハードウェアを使わずに日本語表示ができるというのがミソだという。DOS/Vを開発し,世に送り出した“生みの親”である日本IBM 開発製造担当の丸山力取締役副社長に話を聞いた。

 DOS/Vが登場したのは1990年。今やデスクトップなら数万円で買える。ところが当時は30万円くらいもしたそうだ。しかも国産パソコンは米国製より高かったという。日本語を表示するのに,余計なお金がかかるのだ。日本語表示のために,パソコンメーカーはそれぞれ独自の設計をしていた。

 当時IBMでは2種類のアーキテクチャのパソコンを作っていた。一つが日本語表示用のものだ。「ハードウェアのアーキテクチャが違うと,同じソフトを移植しても機能は90%くらいしか使えないし,バグもあった」という。そこで丸山氏は「いつかは米国のアーキテクチャでパソコンを統一したい」と考えていたそうだ。その頃,日本語専用の表示モード(キャラクタ・モード)を使っていた。それ以外はグラフィックス・モードで表示する。そこに「キャラクタ・モードなしで日本語を表示して快適に動かせる技術がでてきた」。つまりOSだけで日本語を表示できるようになったのだ。

 驚いたのは,画面表示サイズが重要なポイントだったこと。DOS/Vの「/V」はVGAを意味する。「一時,日本語表示のために計算上738×525ドットという液晶パネルを使う機種を作ったが,歩留まりが悪くて結局ダメだった」という苦い失敗が効いている。特殊な解像度だと,ソフトウェアだって揃わない。丸山氏は「ソフトウェアがハードウェアに合わせるのではなく,その逆でハードウェアがソフトウェアに合わせるべきだと確信した」と言う。

 技術は完成した。次がDOS/V普及のための仕掛けだ。「OSを解説した本や使い方を周知させる雑誌,周辺機器を充実させることが必要だった」。そこで日本IBMがとった作戦はこうだ。まず,パソコン雑誌「DOS/V magazine」を作ってもらった。なんと,売れるまでは「日本IBMが買い支えた」。周辺機器を増やすための努力もした。その頃はPC-98シリーズ用のプリンタやネットワーク・カードが主流。DOS/Vの周辺機器が秋葉原でせっかく棚に置かれても,売れない製品は後ろに引っ込められてしまう。「PC-98用のプリンタをDOS/Vと互換性を持たせて,PC-98対応と書いてある値札にDOS/V対応という文字も付け加えた」。

 DOS/Vの知名度を高める点では,台湾などから安いパーツを買ってきて自分で組み立てて秋葉原で売るという“ショップブランド”を手がける人々の存在が大きかったという。追い風も吹いた。米Microsoft社のWindowsだ。Windows3.0をDOS/V上で動かすと,当時市場ナンバー1だったPC-98上で動かすよりも快適に動いたし,高解像度版も安価に入手できた。

 さらにOADG(Open Architecture Development Group)というコンソーシアムを設立し,DOS/Vの仕様を公開した。他社にも積極的に「DOS/Vパソコン」を作ってもらうためだ。こうして日本のパソコン市場に広まり,対応するソフトウェアもたくさん出てきた。

 当時の奮闘を振り返って「とにかく本当に成功するのかと思いながら頑張っていたから,勝利気分などなかった。ただ,故郷の徳島の本屋にDOS/Vの本が置かれていたときは本当に嬉しかった」と丸山氏は微笑む。

 生みの親から見たDOS/Vとは何だったのか。「DOS/Vが開発され普及したことで,日本のパソコンは世界から取り残されずに済んだ。歴史的なOSだ」と丸山氏は結んだ。

(堀内)
出典:2003年10月号 135ページ
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。