すでに本連載でも何回か取り上げたPostgreSQL 8.0が,2005年1月19日,ついに正式リリースされた。

図1●PostgreSQLのバージョンごとのソースコード行数
 ソース行数は最終的には72万行以上(コメント込み)にもなった。一つ前のバージョンのPostgreSQL 7.4.6が64万行であったから,8万行も増えていることになり,PostgreSQL追加された機能の大きさがうかがえる(図1[拡大表示])。

 開発者からのオフィシャル・プレスリリースで「Red Hat,富士通,Afilias,SRA,2nd Quadrant,Command Prompt.などの十数社数百人の個人開発者が,8.0に対してかつてないほどの大量の機能追加を行いました」と報告されているように,PostgreSQL 8.0の開発は多くの個人,企業によるボランティア作業の成果である。そうでなければこれほど大規模なオープンソース・ソフトウェアの開発は達成できなかったであろう。

 PostgreSQL 8.0はポイント・イン・タイム・リカバリ,テーブル・スペース,バッファ・マネージャの改良など,PostgreSQLをより大規模なエンタープライズ向けに適用するために大幅に機能拡張されている.これは,PostgreSQLが従来から目指している路線上にあり,そういう意味では今までのバージョンアップと変わりないが,改良の規模において今までのバージョンとは明らかに一線を画していると言えよう。

 また,PostgreSQLははじめて正式にWindowsプラットフォームに対応した。現状では,Windows市場はUNIXやLinux市場に比べると桁違いに大きい。この大きな市場でPostgreSQLが使用できるようになり,今まで以上にPostgreSQLの普及が加速するものと期待されている。特に欧米では日本に比べるとPostgreSQLの普及が遅れていたが,WindowsプラットフォームへのPostgreSQLの進出がこうした状況を打開する糸口になるかも知れない。

 なお,例によってPostgreSQLユーザ会のサイトでPostgreSQL付属ドキュメントを日本語訳したものが公開されている。今回の公開はPostgreSQL 8.0の正式リリースから遅れることわずか2日後に行われた。PostgreSQLの付属ドキュメントは書籍にして1000ページを越える分量に達している。このような膨大なドキュメントをタイムリーに翻訳した日本PostgreSQLユーザ会,とりわけ文書・書籍関連分科会の方々に拍手を送りたい。

 では,PostgreSQL 8.0の主な新機能を見ていこう。

 詳細については,上記ドキュメントのリリースノート「E.1.1 リリース8.0」を参照するか,近日SRAのサイトで公開予定の「PostgreSQL 8.0について」をご覧いただきたい。

はじめてオフィシャルにWindowsプラットフォームに対応

 PostgreSQL 8.0は,はじめてオフィシャルにWindowsプラットフォームに対応した。サポートするバージョンはWindows 2000,Windows XP,Windows 2003 Serverである。Windows 95,98,Meはサポートされていない。また,Windows NT 4.0も公式にはサポートされていない(実際にはいくつかの制限付でサポートされている。詳細は「Running & Installing PostgreSQL On Native Windows FAQ」を参照のこと)。サポートするファイルシステムはNTFSである。FATあるいはFAT32の使用は推奨されていない。

写真1●PostgreSQL 8.0の日本語インストーラ
 Windowsプラットフォームでは,UNIXやLinuxのようにソースからコンパイルしてPostgreSQLを作るのは容易ではない。そこで,PostgreSQLの周辺ソフト開発プロジェクト「pgfoundry」ではWindows用のインストーラが開発,提供されている。また嬉しいことに,同プロジェクトでは,日本PostgreSQLユーザ会の理事でもある斉藤浩氏により日本語対応されたインストーラが提供されている(写真1[拡大表示])。

 Windowsプラットフォーム用のPostgreSQL 8.0は,その他のプラットフォーム用のPostgreSQLとほとんど機能的に変わることのない「フルセット版」である。普段Windowsを使っているプログラマが,自分のPCでDBアプリケーションを開発するなどの用途には特に向いていると言えよう。ただし,開発者もコメントしているように,Windows用のPostgreSQLはLinux版と比べると性能や安定性,実績という点ではこれからという面もある。実務でのサーバ利用を考えているユーザーは,導入前に慎重な検証が必要であろう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら