ここ最近「Ajax」なる新語が登場し,ブログなどを中心に話題を呼んでいる。Ajaxは,「Asynchronous JavaScript+XML」の略称。ユーザーのWebブラウザをサーバーと非同期で通信させ,ページをリロードすることなく画面表示を変更する手法。これによりWebブラウザで,デスクトップ・アプリケーション並みのスムーズなユーザー・インタフェースを実現させる。米Googleなどが自社サービスに採用しており,新しいアプローチとしてさまざまな議論を呼んでいる。今回はこのAjaxについて考えてみたい。

Ajaxを採用するネット企業が続出

写真1●GoogleのGmail
 写真1[拡大表示]は,Google社のメール・サービス「Gmail」。画面上で各種の操作を行っても,ページをリロードすることなく表示が変更される。「Google Suggest」(関連記事)は入力した検索文字列から残りの文字列を推測し,候補をドロップダウン・リスト形式で表示する。一文字入力するごとに候補がどんどん絞り込まれていくが,その際にもページがリロードされることはない。まるでFlashやJavaアプレットの画面のようだ。

 Google社が今年2月に始めた地図サービス「Google Maps」(関連記事)はもっと高度だ。地図の表示範囲を変えるには,マウスでドラッグしてずらすだけ。リロードしないので待ち時間がない。中心に表示したい部分をダブルクリックすれば,それに反応して地図が滑らかに動く。この4月に始めた衛星写真機能でも同様のことができる(例:ナイアガラの滝=米国とカナダ国境付近の衛星写真)。

 Ajaxの手法を採用しているサービスはほかにもある。今年3月に米Yahoo!が買収したの写真共有サービス・サイト「Flickr」(関連記事)。Google社のソーシャル・ネットワーキング・サービス「Orkut」やニュースグループ・サービス「Google Groups」,そして米Amazon.comの検索サイト「A9.com」も同様の手法を用いているという。日本でも,NTTレゾナントが4月19日,「Gooラボ」で地図サービス「エリア情報検索実験」を開始した。やはりマウスでつかんで地図をスムーズに動かすことができる(関連記事)。

技術の名称でなく,手法の名称

 Ajaxという言葉が聞かれるようになったのは,ここ数カ月のこと。この言葉を考えたのは,サンフランシスコのコンサルティング会社Adaptive Path。同社では,Google社などが最近積極的に取り組んでいるWebアプリケーションの新しいアプローチをこう呼び,その定義を同社共同設立者Jesse James Garrett氏のエッセイとしてWebで公開した。これがきっかけとなり,ブログなどで議論されるようになったという。(米CNET News.comに掲載の記事)。

 Adaptive社ではAjaxの定義として,次の要素があると説明している。


  • XHTMLやCSSといった標準技術を使った表示(プレゼンテーション)
  • DOM(Document Object Model)を用いた動的な表示と相互作用
  • XMLとXSLTを使ったデータ交換,データ操作
  • XMLHttpRequestを用いた非同期によるデータ取得
  • JavaScriptによるこれらの結合

 Ajaxとは特定の技術の名称ではないことがわかる。もちろん,Adaptive社が販売する製品でもなければ,同社の登録商標でもない。誰もが自由に使える昔ながらの技術を用いてGoogle社のような天才集団が新しいことをやっている。それらが,なかなか“クール”なWebアプリケーションであることから,この動きはWebの世界においてパラダイム・シフトとなるような出来事ではないかと同社が提唱しているのだ。

 ではいったい何が新しいのだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら