1カ月ほど前,知人から「自宅のパソコンに問題があるので調べてもらえない?」と頼まれた。最初は,ウイルスの被害にでも遭ったのかと思ったが,いざ調べてみると,最近話題の「スパイウエア」が原因だった。スパイウエアの種類によっては,ウイルスよりも大きな被害をもたらす場合がある。今回の記事では,筆者が実施したスパイウエア駆除作業を紹介する。「パソコンの調子が何かおかしい」と思っている方は,参考にしていただきたい。

ホームページがアダルト系サイトに

 筆者に連絡をくれた知人は,セキュリティに関して全く気を使っていなかった。パソコンを購入してから一度として「Windows Update」を実施していないというし,ウイルス対策ソフトもインストールしていないという。このため,「ウイルスに感染したために調子がおかしいのだろう」と考えた。もしそうならば,とりあえずウイルス対策ソフトの体験版をインストールさせて,現在感染しているウイルスを駆除すれば問題は解決だ。その後は,製品版の購入を勧めればよいだろう――。そう考えていた。

 ところがその週末,知人宅に訪問すると,予想とは様子が異なっていた。説明を聞いてみると,「Internet Explorer(IE)を起動したときに表示されるホームページがいつのまにか変わってしまった。設定を何度元に戻しても,“この”ホームページになってしまう」とのことだった。実際にパソコンを見てみると,IEの「インターネットオプション」で「ホームページ」の設定をいくら変更しても,IEの起動時には,それとは異なる特定のURLのページが必ず表示されてしまう。

 悪いことに,必ず表示されるそのページは,アダルト系サイトを検索するページだった。そのパソコンは知人の娘さんも使っているので,早急に対処する必要があった。

 そこで原因を考えてみた。思いついたのが,最近,雑誌やWebなどで目にすることが多い「スパイウエア」だ。IT Pro読者には,いまさら説明するまでもないだろうが,スパイウエアとは,パソコンの情報やWebサイトの閲覧状況などを収集したり,IEなどの環境設定を変更したりするソフトウエアである。フリーのソフトウエアなどに“同梱”されている場合が多いようだ。

 ユーザーに知られずに情報収集するために“スパイ”の名が付いているが,ソフトウエアのインストール時に表示される利用許諾には「ユーザーの情報を収集します」といった条件が書かれている場合もある。こうしておけば,「ユーザーも同意済みなので違法ではない」と言い張れるとの考えがあるのだろう。

 一方,ユーザーに特定の広告を無理やり見せる「アドウエア」というソフトウエアも存在する。これは,スパイウエアとは異なり,ユーザーの情報を盗むようなことはしない。ただ,喜ぶユーザーが少ない(ほとんどいない)点では,スパイウエアと同じだ。

無償のスパイウエア対策ソフト

 スパイウエアが原因のようなので,インストールされているスパイウエアを“駆除”すれば,問題は解決しそうだ。だが,スパイウエアやアドウエアは,ウイルスとは異なり,ユーザーに被害を与えることを目的とはしていない。個人情報の収集や広告などの表示が主な目的だ。しかも,ソフトウエアの利用許諾に,これらをインストールすることをうたっている場合もある。スパイウエアやアドウエアは“灰色”の存在で,“悪”と断言することが難しい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら