Windows Vista(開発コード名Longhorn)のBeta 1とInternet Explorer(IE)7のBeta 1をリリースしたばかりの米Microsoftが,このほど「Longhorn Server」(開発コード名)の最初のベータ版をリリースした。Longhorn Serverの正式名称は恐らく「Windows Server 2007」になり,Windows Vista Serverとはならないだろう。Longhorn Server Beta 1はクローズド・テクニカル・ベータであり,限られた人しか入手できない。

 MicrosoftはLonghorn Server Beta 1を広く公開しなかったが,製品版に搭載される機能のいくつかは既に公にしている。例えば,新しいイベント・ロギング・インフラストラクチャや,イメージ・ベースのシステム展開ツール,新バージョンのIIS(Internet Infomation Services),ネットワーク・アクセス・プロテクション(NAP,本来はWindows Server 2003 R2に搭載される予定だったネットワーク検疫機能),新しいバージョンのターミナル・サービスなどである。

 Longhorn Serverは現在のところ,Windows Vistaの開発プロセスと完全に同期しており,どちらも「Beta 1」となっている。Beta 2以降になれば,Longhorn ServerとWindows Vistaの開発は分離される。Longhorn Serverの出荷予定は2007年で,Windows Vistaの出荷から数カ月遅れになるだろう。

(Paul Thurrott)

Windows IT Pro, (C)2005. Penton Media, Inc.