米Microsoftは,マイナー・チェンジだけの予定だった「Windows Media Player 11(WMP 11)」(開発コード名Aurora)の開発計画を大幅に変更した。代わりに次期Windows「Longhorn」(開発コード名)向けに予定していたWMPを,Windows XP用としてレベルを下げて提供することにした。

 「Polaris」という新たな開発コード名が付けられたWMP 11は,メジャー・アップデートになるだろう。ただ,1つだけ問題がある。元々の計画の11月出荷は延期され,その月に公開予定の「Longhorn Beta 2」と同時に公開ベータが提供されそうである。WMP 11の完成は2006年初めに設定されている。

(Paul Thurrott)

Windows IT Pro, (C)2005. Penton Media, Inc.


【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら