次期「Windows XP Media Center Edition」が「Emerald」という開発コード名で,2005年後半に出荷される見込みだ。私が聞いた話では,このEmeraldは2005年8月に出荷が設定されており,以前のバージョンのような数枚のCDではなくて,DVDで配布されるという。Emeraldでは新たに19のロケールをサポートし,より多くの国で利用できるようになる。さらに,米IntelのデュアルコアCPUもサポートする。正式名称は,多分「Windows XP Media Center Edition 2006」になるだろう。

 Emeraldに続いて「Diamond」という開発コード名のMedia Centerも出荷される予定である。Diamondの大きな特徴は,ネイティブ対応のx64バージョンを含むことである。さらにMedia CenterのLonghorn版では,Longhornプロジェクト全体がサポートする全ロケール,つまり150もの言語に対応する。

(Paul Thurrott)

Windows IT Pro, (C)2005. Penton Media, Inc.

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら