米Microsoftが「WinFS」ストレージ・テクノロジを,Windows XP Service Pack 2(SP2)に搭載する,といううわさが様々なWebで飛び交っている。同社が「Avalon」や「Indigo」テクノロジについて決断したのと同様にそう決めたのだ,というのだ。しかし,Microsoftはこうした主張に対して,「わが社はそうした実現の可能性を調査しているだけ」と反論した。

 AvalonとIndigoが2006年半ばに出荷されるのに対して,WinFSは早くても2007年初めまでは最終的な形で出荷されることはない。そのため,XP SP2でサポートするなどという話は,ナンセンスである。WinFSはNTFSファイル・システム上に置かれる,リレーショナル・データベースで強化されたストレージ・エンジンである。だが,Longhornからそれを除外するからといって,同OSが「インスタント・デスクトップ検索」機能を搭載しないということではない。

(Paul Thurrott)

Windows IT Pro, (C)2005. Penton Media, Inc.

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら