今週,米Advanced Micro Devices(AMD)が64ビットCPUの新製品「Athlon64」プロセッサをついに発表する。x86と完全にコンパチブルで,今日の32ビットCPUに比べ,より大きなメモリー空間と高性能を実現した製品である。AMDはデスクトップ用とノート用,両方のバージョンのAthlon64を発表するもようだ。いずれも,PCに最高の性能を求めるゲーム・ユーザーと上級ユーザーをターゲットとしている。

 既によく知られているが,AMDの64ビット・コンピューティングに対するアプローチは,米Intelのそれと違ったユニークなものだ。Intelのアプローチは,互換性のほとんどない全く別の製品「Itanium」をリリースすることだった。これは高価で,ハイエンドのサーバーやワークステーションにのみ搭載される。一方,AMDは従来の32ビット環境の延長上に64ビット環境を据えた。64ビット環境ならではの能力を備えながら,同時に現行のOSやアプリケーションがフル・スピードですべて動作する。

 Athlon64によってAMDは恐らく十分な成功を収めるだろう。Intelは最低でも32ビット/64ビットのハイブリッド・プロセッサを出すことを余儀なくされそうだ。ひょっとすると,AMDの「標準」に従うという屈辱を味わうことになる可能性すらある。皮肉な展開になってきたものだ。

(Paul Thurrott)

Windows & .NET Magazine Network, (C)2003. Penton Media, Inc.